2006年06月18日

PS2の環境設定

ネットワークアダプタ
旧型ネットワークアダプタと新型ネットワークアダプタの2種類がありますが、現在流通しているのはほとんど新型のみです。新・旧の見分け方は、右下に赤い注意書きが掛かれていれば新型です。
初期の新型アダプタはHDDとの相性が激しかったようですが、現在ではあまりそういった話が出ていないので大丈夫でも十分です。

HDDについて
・純正HDD(SCPH-10260 40G)
・その他市販HDD
基本的に、市販されているPC用ハードディスクを使用することができますが、一部HDDはコネクタなどが合わず利用できないようです。
また市販HDDの場合、当然「PSBBNavi」を利用することはできませんし、一部のHDD必須のネットワークゲーム(FFなど)を利用することはできなくなります。
また、発熱も純正HDDより多いため、PS2自体に少なからずダメージを与える可能性があります。大容量HDDを使う場合は、ツール側がLBA48に対応している必要があります。

HDD外付け
電源・IDEの延長ケーブルを利用することで、HDDの外付け化を行うことができます。外付けにすることで、PS2をHDDの熱から守ることができますが、今度はHDDがノイズの影響を受けることになりますので、対策が必要です。
ノイズ対策としては、オーソドックスにアルミホイルをIDE延長ケーブルに巻きつけるだけでOKです。見た目を気にするなら、ダイソーなどで売っているアルミテープなどでも代用可能です。
posted by PS2 Game Master at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | メニュー
このゲームの動作状況・コメント
動作状況・コメントを書く
記入例:
HDL0.7e V9 純正HD WINHIIP1.7.6 CDイメージ 起動確認
記入例:
HDA3.0 50000 HITACHI250GB HDL_Dump 00100000 プレイOK
記入例:
HDA3.0 SCPH-50000MB(V10) 純正 PS2本体でインスト
クリアまで確認。ディスク再構築で容量減らせます。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/888838

この記事へのトラックバック